長谷川栞を勤務中に呼び出し犯してみた

元ファッションモデルで、結婚5年目を迎えた現役人妻の長谷川栞さん。

清楚で上品な顔立ちと豊満ボディの持ち主なのです。

そんな彼女の魅力をギュッと凝縮した作品「第2章 旦那の目を離れる仕事中… お昼休みの1時間で一瞬で燃え上がる…通い詰めて即挿入SEX 4日間」を紹介しましょう。

ブルー系の下着を着用した彼女が、清楚な微笑を浮かべているパッケージで、34歳とは思えないスレンダーなボディを披露しています。

撮影は旦那さんの目が離れる仕事中を狙って、昼の休憩時間にビジネスホテルまで呼びだしたのです。

濡れやすく感じやすい彼女は、キスと乳首なめで目がうつろになり、クンニされると体を仰け反らしています。

明るい日差しが差し込む部屋でのフェラ、そして騎乗位の合体と続き、抜きどころは窓の景色を見ながらの立ちバックです。

昼休みの間に、なんと3回もオーガズムを体感していました。

場面が変わり極太バイブを使用したオナニーシーンでは、彼女の本性を垣間見ることができます。

バギナとクリトリスを刺激するだけで物足りず、極太バイブを挿入してしまうのです。

この作品は4日間のドキュメント作品になっており、様々なシチュエーションでのセックス描写を堪能できます。

彼女はデビュー作より進化して、抜きどころの多い作品に仕上がっているのです。